さいたま市の腰痛専門院なら改善率93%の整体ルームみころにお任せ!

整体ルームみころ


腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアとはどういうものなのでしょうか?


腰椎椎間板ヘルニアの病態

腰椎椎間板ヘルニアは20代~50代の男性に多い疾患です。
腰椎椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にある椎間板というクッションの役割をするものの変性です。椎間板の真ん中にある髄核というゼリー状の物質が後方(背中側)に飛び出してきて、神経を圧迫します。その際、飛び出してくる後ろ側には後縦靭帯があるため左か右に偏ります。そのため、症状は左右どちらかに偏ることが多いです。

神経圧迫の症状として腰の痛みやももから下の足の痺れがあります。
痺れがふくらはぎの外側や足の親指に出る場合は腰椎の4番と5番の間の神経が圧迫されています。また、足の甲の外側に痺れがあるかたは腰椎の5番と仙骨(骨盤の骨)の間の神経が圧迫されています。

原因としては、長年の腰への負担や、腰を曲げながらねじったり重いものをもったときに発生します。

つまり、腰椎椎間板ヘルニアの原因は(よっぽど無理をした時に発生したものでないかぎりは)「腰に負担をかける姿勢」にあります!

整体ルームみころでは「腰に負担をかける姿勢」をつくってしまう原因である、背骨や股関節に着目して施術します。

そして、正しい姿勢で身体を安定させるための座り方やストレッチの指導をしていきます。
その場の痛みを緩和させるだけでなく、もう椎間板ヘルニアを起こさないようにする身体づくりやいい習慣を身につけましょう!

整体ルームみころのご案内

住      所:
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5-25-2
アクセス:
京浜東北線浦和駅から徒歩15分
お問い合わせ・ご予約
048-717-6555
営業時間:
平日09:00~21:00/土日祝09:00~20:00
休業日:
火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ